ネットスーパーで生鮮食品を購入する3つのメリット

ネットの生鮮食品の良さを知る

>

ネットスーパーの進化

サービスの進歩

スーパーの鮮魚売り場に行って、魚の下処理をお願いですることができます。
魚の三枚おろしなどは、手に臭いがつくし、魚の内臓を触ることになるので嫌という人にはありがたいサービスです。
ネットスーパーでも最近は、このサービスを受けられる場合があります。
要望メモ欄のところに魚の下処理の希望内容を記入しておけば、サービスを受けることができます。
お店でお願いするときは、お店の人に話しかけなければなりませんが、この方法だともっと簡単にお願いすることができます。

直接、商品を見ることが出来ないというデメリットがあります。
しかし、スーパーに長くいればいるほど、商品の購入数は増えていくものなので、衝動的に食べたくなって買ってしまうという事を防ぐことができます。

ネットスーパーならではのデメリット

ネットスーパーを利用する場合には、おつとめ品や値引き品を購入することはできません。
また、在庫処分のための値引きや、タイムセールの場合には、ネットではその度に更新されているわけではないので、その値段は反映されていません。

お店にいるとついつい目についた商品を手に取ってしまい、余分な買い物をしてしまいます。
ネットスーパーならば、必要な商品だけを買って、無駄なくお買い物をすることができます。
しかし、一定金額以上商品を購入すれば、配送料が無料になるという事で、その金額に達するために、余計にお金がかかってしまうという事があるので、注意が必要です。

ただし、逆にネットスーパーでしか売られていないという商品もあります。


この記事をシェアする
TOPへもどる